トップページへ

世界恒久平和祈念供養祭について


世界恒久平和祈念供養祭は、全世界万人の先祖を敬いつつ、全世界の敵味方供養の祭りであり万霊供養祭であります。
8月の世界恒久平和祈念供養祭には、従来の世界恒久平和祈念祭と彼岸・お盆感謝祭並びに万霊供養祭を一つにまとめ、年に一度盛大に執り行わせていただく祭事ですので、 心のこもった一品の鎮めもの(お供え)をお持ちしていただき、皆様でご供養させていただきましょう。
特に、お彼岸とお盆にはご先祖様とご因縁のみ魂が戻ってこられますので、ご自宅のご先祖様の前で、世界恒久平和祈念供養祭のおもいでご供養させていただきましょう。
神棚を祀っているお家は、神棚にご挨拶をされてからご先祖様の前でご供養されてください。




ご先祖様へのお参りの仕方


◎ご家族の代表の方
※お鈴(ある方)を二回鳴らした後、お参りさせていただきます。

一拝二拍手一拝

(例)
「ご先祖様、万霊様、日々御守護賜り真にありがとうございます。
この度、世界恒久平和祈念供養祭にて、大宮司聖主様が人類の代表として彼岸・お盆感謝祭並びに万霊供養祭の式典を執り行ってくださいましたので、 本日○○家では、ご先祖様に対して、感謝・報恩の思いを、万霊様、特に恨みのご霊様に対してはお詫びの思いをのせてお食事のご供養をさせていただきます。 どうぞ皆様でお召し上がりくださいませ」

一拝

※ 特別崇敬会員の方は鎮めもの(お供え)に不二神仙道の奥義の業を施します。




世界恒久平和祈念供養祭御礼について


「世界恒久平和祈念供養祭御礼  (氏名)○○○○」

年に3回ご供養をさせていただく度に、感謝の想いで、お半紙に御想念にて御奉納下さいますようお願い申し上げます。
※8月は、世界恒久平和祈念供養祭までに御奉納をお願い申し上げます。




鎮めもの(お供え)について


鎮めもの(お供え)例
5点セット(神様用:生米・お塩・卵・お水・お酒)、ご飯、おかず(煮物や魚料理等)、おにぎり、日本酒、ミルク(哺乳瓶)、たばこ、おはぎ、いなり寿司、 果物、おかし、汁物、ジュース等
※これまでご用意していただいた種類と変更はございません。鎮めもの(お供え)は少量で構いません。

鎮めもの(お供え)の仕方
お仏壇の前に机をご用意いただき、鎮めもの(お供え)を机の上に並べます。
お参りの後、直会として一晩置かせていただき、明朝お下げさせていただきます。
(鎮めもの(お供え)はお参りした後、お下げしていただきます)

備考
・お仏壇の明かりは、一晩つけさせていただきます。
・神棚のあるお家は、お社のお扉をお開けし明かりをつけさせていただきます。
※それぞれのお部屋の電気は消されて構いません。